ホストのためにはいくら稼いでも足りない

実は最近、ホストクラブの人に恋をしてしまいました。
切実に、お金がいくらあっても足りません。

きっかけは、友達と遊び感覚で行ったことです。
ホストクラブは初回料金といって、一時間1000円ぐらいで楽しめるのです。
そのときはまさかこんな風にハマってしまうなんてと思いました。

たくさんのイケメン男性たちとひととおり話し終わったあと、一番良かったと思う人を指名しました。
友人が選んだホストさんもいて、4人で飲みました。お会計は一人15000円。

良い思い出にしようと思っていたのに、どうしてもその人が忘れられず、またお店に行ってしまいました。
すると彼はとても喜んでくれて、今度よかったら外で会いたい、と言われました。
営業だと思いつつも、その人と二人でカラオケに行ってキスをして、すっかり舞い上がってしまった私は、
またお店に通うことになるのですが・・・。

ホストクラブって2回目以降は高いんですよ。2時間、シャンパンも入れずに飲んだだけでお会計30000円。
でも完全にその人にハマった私はやめるはずもなく、どうやってお金を稼ごうかと考えていました。
借りやすい金融機関を調べて3ヵ月は借金をしてまで通っていましたが、さすがにそれは・・・と自分にブレーキをかけることができました。

そこで思いついたのが、仕事帰りに別のバイトをすること。
今は、週3回、日本食の料亭で働いています。仕事はキツイですが、給料良いので仕方ありません。これで月に5万ぐらいは稼げるので、1、2回はお店に通うことができます。

私のまわりにはいないのですが、ホストにハマった女性の中には、水商売をする人も多いみたいですね。
ホスト好きなみなさんが書いている日記があるのですが、普通のOLから風俗嬢になったりとか、けっこう王道パターンらしいのです。
なぜ私が今のところ風俗の仕事をしようとまでは思わないかというと、いわゆる色恋営業では無いからでしょう。
色恋営業とは、気のある素振りを見せたり、彼女になってほしいと言いつつ店に通わせたりする営業方法です。

時々自分のやっていることがむなしくなっていますが、やっぱり通ってしまうんですよねえ。

急な出費に備えて貯金がしたい。

もうここ何年とお金が欲しい、宝くじが当らないかなと常々思っています。

知り合いのお年寄りから金のなる気が花を咲かせそうだからと私ともう一人職場の仲間に鉢植えをプレゼントされました。もう一人友達の家では金のなる木が花を咲かせたそうですが、我が家は根腐れをして結局花も咲きませんでしたし、そのまま全部枯れてしましました。職場の仲間曰く思いが強すぎたのではとのことです。

そうかもしれません、金に対する欲が強すぎるのです。というのも我が家の主人は中小企業勤務、いきなり退職金廃止と宣言されたのはマンションを買ってまだ3年くらいのことでした。おまけに我が家の実家の商売が最近はあまり良くなく、親が金策に走る姿を見ているので、なんとかしてあげたい、しかし我が家も子供二人まだまだお金がかかる年ごろ、おまけにマンションのローンがたっぷり残っているのでどうにもこうにもいかない状態になっています。

なので私がここでお金を稼ぐ方法としては、宝くじを買って一攫千金と切に願っています。しかし金のなる木と同じで、あまりにもお金にたいする欲が強すぎて、多分宝くじはあたらないでしょう。
しかし買わないことには当たらないと思い、買っている次第です。
特にすごいお金持ちになって贅沢な暮しをしたいなんて思っていません。二年に一度くらい海外へ旅行に出かけられる贅沢くらいができれば、あとは普通にお金に困らない生活が出来ればと思っています。

毎月決まった額を貯金することができたり、急な出費に対応できるくらいの蓄えっていうのは欲しいと思います。それがないために急にお金が必要となった時にはキャッシングを利用してお金を用意したりします。

決して豪邸に住みたいとも思いません。掃除が大変だし。それにベンツやBMWに乗りたいとも思っていません。私は国産車信者ですから。でもお金に困らない生活、普通に生活が出来るのが一番の幸せだと思います。それには一攫千金ですが。

ビアガーデンでバイト

あ~朝からゴキブリが出て悲惨!!もういなくなってもいい時期なはずなのに・・・ゴキブリ対策が甘かったか・・・

もう少ししっかりとごきぶり退治の方法調べないと。。。

アルバイト先でよくゴキブリを見ていたのでそれから余計にゴキブリ嫌いが酷くなりました・・・

大学生の時に、ビアガーデンでバイトしました。
駅から歩いてすぐのデパートの屋上だったので、通いやすくて便利でした。

時給も普通によかったと思います。
そのわりに仕事は楽でした。
すべてセルフサービスのビアガーデンだったので注文もとらなくていいし、仕事と言えば、なくなったバイキング料理の補充、ビールの樽の補充、使い終わったお皿を下げる、帰ったテーブルの片付けくらいなものでした。
厨房には厨房のスタッフがいるので、調理や皿洗いなどは任せっきりでした。

ビアガーデンはわりとはやく閉まるので、片付けまで済ませて仕事を終えても、終電には間に合ういいバイトでした。

しかし、お店の裏側が見えてげんなりしたこともたくさんありました。
例えば、夏の屋外なので、バイキング料理に虫も寄ってきます。
お客さんに、フルーツポンチに虫が浮いてるんだけど…と指摘を受け、急いで厨房に下げました。
すると、店長が虫だけさっとすくって、また戻したのです。
どこもそんなもんなのかもしれませんが、そういう場面を見ると、自分はビアガーデンとか行きたくなくなるな…と思いました。

ビアガーデンによってはスタッフの女の子がミニスカートを履いたり、露出の高めな格好をしている店もありますが、私が働いた店は特にそういうことはなく、みんなTシャツ・長ズボンだったので、酔っぱらいにからまれたりすることもほとんどなく安全でした。
たまにたちの悪いお客さんにからまれても、そういうときは遠慮なく言ってくれたら追い出すから!と店長に言われていたので安心して働けました。

まかないがバイキング料理だったので、毎回同じメニューで飽きてしまいましたが、好きなだけ食べられるので、たくさん食べる男子学生にはありがたいまかないだったかもしれませんね。

 

アイスホッケーの試合を観戦してきました。

昨日はじめてアイスホッケーの試合を観戦しました。
日光霧降アイスアリーナで、日光アイスバックス対東北フリーブレイズの試合が行われるということで、知り合いからチケットを譲っていただき、子どもと一緒にドキドキしながらプロアイスホッケーを初体験しました。
まだ秋だというのに押入れからダウンコートとひざかけと手袋を引っ張り出し、温かい飲み物を持ってアリーナに向かいました。アリーナに入ると、試合前のアトラクションが行われており、すでに盛りあがりを感じました。
試合前の君が代斉唱は、地元栃木出身のシンガーソングライターの方のアカペラ独唱でした。歌のほうは…正直いまいちでした。
電光掲示板の「FACE OFF」の文字と同時に試合開始です!開始早々大迫力の選手同士のぶつかり合いが始まり、S席で見ていた私も子供たちもびっくりでした。
激しくパックをたたきつけたときにスティックが折れたり、馬乗りになって殴りかかる乱闘があったり、審判が巻き込まれてまでパックの取り合いになったりと、真剣な戦いの中にも思わず笑ってしまうような場面もありました。
試合の進み方はサッカーの試合に似ているなぁと思いましたが、アウェイのチームの反則に対するホームのチームのブーイングや応援の度合いがちょっと引いてしまうほどだったのにも驚きました。
アウェイチームの反則に対して、会場にオフコースの「さよなら」や「蛍の光」が流れたり、ホームチームのゴールの喜び方がものすごく派手だったりと思わず笑ってしまうほどでした。
試合は2対3で東北フリーブレイズの勝利。アウェイの会場内でフリーブレイズの応援団の喜びの声援に冷たい目で去っていくアイスバックのサポーターたち。
何もかもが新鮮に感じ、とてもおもしろい経験ができたと思います。
機会があればまたプロアイスホッケーの試合を観戦してみたいと思います。

そのアイスホッケーに行った時に友人に自分ではそこまで気にしていなかったのですが、「赤ら顔だね」って言われたんです。たまたまトイレに行った時に確認してみるとホントに頬とか鼻の周りが赤くなっていたんです!!めちゃくちゃ恥ずかしくて・・・すぐに赤ら顔を治す方法をネットで調べてみました!!

こんなサイトを見つけましたよ!!→赤ら顔を治す方法※ステロイド剤?ビタミンKクリーム?

試してみてダメだったらっていう気持ちで注文してみました。届いたらすぐに使ってみようと思います!!自分で全く気付いていなかったのがちょっと恥ずかしいです((+_+))

 

若ハゲと言うのは想像以上に辛いんです。

私は昔から頭の毛が薄い体質でした。子供の頃、結構重い病気をやりまして、
その時の治療だったり薬だったりが原因ではないかとお医者さんなんかには
言われました。小学生の時からそうだったので、帽子をかぶる事で隠して
来ました。大人になれば解消されるとも言われました。確かに多少増えたとは
思いますが、一般的な人に比べれば、三分の一程度しかありません。

色々と育毛剤みたいなのも、両親の協力を得てやったことがありますが、
大して効果もありません。まぁ諦めた事と、社会人になって帽子をそう外さな
くて済むようになってから、対処も減って来ましたが。

母親の知り合いに美容師の人が居て、その人のお店は増毛とか健康毛とかに
力を入れている所なので、今では私の行きつけの美容室になっています。
あまり強い薬などを使わないでくれたり、増毛効果のあるマッサージ、育毛剤
なんかをくれたりします。有り難い話です。

子供の時からそうだったので、髪の毛のファッションなんかはかなり斜に構えた
感じで見ていました。高校ぐらいになると髪の毛を染めたりするようになり
ます。当然私はしないので、そんな事してて将来後悔するなよ、なんて心の
中で言っていたりもしました。今はしませんけども、感情的にそれに近い気分
になる事もあります。

一時期はかなりのコンプレックスでしたが、少なからず髪の毛が怪しい人も
出てきているので、自分とは違う部分で勝手に解消されていくような気がして
います。同窓会とか行く年になると、むしろ私の方がフサフサな可能性も
あるので、密かにほくそ笑んでいたりもします。髪の毛の事になると性格悪い
ですね。

年齢で少なくなってしまう人もそうでしょうが、ハゲというのはかなり精神に
影響を及ぼします。まぁ笑ってくれるぐらいが丁度いいんでしょうけれど。
実際私も、笑う事もありますし。

今までどれだけのお金を費やしてくれたかを考えると本当に感謝しかありませんね・・・

母が友人と話をしているのが聞こえたことがあったのですが、今までに数回、私にお金が掛かって生活費が足りなくなって母がこっそりとお金を借りていた時期もあったようです。。。

専業主婦でも借り入れできる

その事実を知った時、これ以上負担をかけることはできないと思い、自分にかかるお金は自分で稼がないとと思ってアルバイトをはじめましたね。

 

鼻毛をなくしたい。

私は子供のころに太っている子供でした。母親が太っていましたので母親に似てしまったので、嫌だなと思っていました。
小学校に入って、2年生くらいになってから目も悪かったのでめがねをかけるようになりました。そうすると、クラスの男子生徒から石を投げられたりするようになったのでした。それを担任の先生に言っても、親に言ってもスルーされていました。その他にも嫌がらせをされていました。
私はそのときに、太っている自分が悪いのだと思いこんでいました。
他人のせいにするのはよくないと思っていたのでした。
子供ながらに我慢を重ねてきました。そんな時12歳になった親が離婚をしたのです。母親が父の経営する仕事に協力的ではなかったので喧嘩が多い家庭でした。
私は母親がでていってほっとしました。
でもそのときから夕飯の用意などを自分でやらねばなりませんでした。
私は子供ながらにストレスを抱えていましたので、そのときから痩せていくようになりました。
中学を卒業するころには、かなりスリムになってしまっていました。
そのときに好きだった人と高校生になって付き合っていましたが、彼はもっと痩せた人が好きだと言っていましたので、さらにダイエットしたんです。
でも高校2年の夏に言葉の誤解から彼を遠ざけてしまうようになり、それっきりになりました。
そんな彼とは30代になってから又付き合うようになったんです。そのとき子供が3歳でした。

久しぶりに会ったときにいきなり、「鼻毛出てるよ??」って突っ込まれて・・・デリカシーがないというか、ストレートというか、私のためを思って言ってくれたのかもしれないけど、それから毎日の様に鼻毛の処理をするようになりました。

し忘れないように気を付けることが面倒にもなって・・・埃を吸うと生えてくるとかって聞くけど、そんなの普通に生活してたら無理だし・・・ってときに知ったのが鼻毛脱毛なんです。

脇や腕とかの脱毛があるのは知っていましたが、鼻毛までも脱毛できるのは初めて知りましたね。なんだか痛そう(笑)でも毎日毎日気にしているのも面倒なので鼻毛の脱毛に行きたいって思います。

高時給のパチンコバイト。

私は現在、パチンコ屋さんでアルバイトをしています。もう働き始めて3年になるんですが、時給1300円も貰っています。

パチンコ屋は基本的に時給も高くて人気のバイトなんですよね。

しかも私の場合は、3年間勤めているので、時給も上がりましたしね。

年齢的にもそろそろ就職しないといけないんですが、今のままでもいいのかな、、、って考えてしまいます。